2011/05/15

外国の文化を理解する

文化とは何でしょうか。食べ物、言葉、宗教、音楽、ものの考え方、権利、物事への反応、ものの見方、価値観、社会普遍、アイデンティティ、歴史、行動パターン、などなどいろいろとあります。文化を大洋の小島にたとえると、、、、
  • 海面上に出て見えている部分にあたるのが、食べ物、言葉、宗教、音楽、歴史、な行動パターンなど目に見えるもの。
  • 海面下の見えない部分にあたるのが、ものの考え方、権利、物事への反応、ものの見方、価値観、社会普遍、アイデンティティなど、目に見えないが、目に見える海面上の部分の土台となっているものです。
自分の属する文化は自分にとっては、自分の中にある海面下の部分、つまり文化的根本の上に、海面上の部分がしっかりと乗っている状態です。つまり子供から大人へ成長するにした がって、下から上へと身についていくものです。これに対して、異文化に接するということは、逆にこれを上から下へと理解して行くということです。つまり、言葉や宗教、音楽、食べ物などの明らかなもの、つまり海面上に出ている分が目に入ってくるということです。しかしその土台となる異文化の人のものの考え方や価値観などを理解するには、海面下を探っていかなければなりません。これは非常に時間と努力を要する作業です。

つまり異国の文化の上に成り立っているクラシック音楽を演奏するということは、音楽をやるということに加えて、より難しいその根元の部分を理解しなければ、本物にはなりえません。

しかし、現実的に学生の間にこういった経験をすることは不可能に近いと思われますので、いくつかそれに近い方法をここに挙げます:
  • 食べ物を食べる。
  • 風景写真やビデオを見る。
  • 旅行に行った人の話を聞く。あるいはベストなのはその国からの留学生などとお友達になる。
  • 物事のとらえかたの違いを理解する。これには、世界的な大きな事件などについての記事や評論を、インターネットでその国の新聞を読んで、日本の新聞と比較するとか、言葉を勉強して、表現方法、ニュアンスの違いを知るとかの方法があるでしょう。
  • なによりも一番いいのは、たった数日でもその国に行くことです。その国の空気を肌で感じ、地面を足で感じ、食べ物を食べ、言葉を聞き、人々の表情、生活を感じることです。
私は実際、テキサス(メキシコのとなりで人口の半分以上はメキシコ系でスペイン語人口が半分以上)に1年おり、メキシコの音楽、さらにはラテン音楽全般、またアメリカのオーケストラの演奏するドボルザークとかが好きになりました。それ以前は全くきらっていたのですが。

関連トピック:Cultural Identify

0 件のコメント:

コメントを投稿