2014/02/01

Cultural Identity

私はマルチ・カルチャーな職場、多国籍な職場で15年ほど過ごしている。自分のカルチャーとは、自分とは何であるかということを意識することになる。一方、日本を振り返ると、大部分の日本人がcultural identityを持っていないのではないかと思う。文化的アイデンティティーとはどういう意味か。英語のIdentityを上手く説明できる日本語はない。辞書によると、身元、正体、個性、独自性、主体性、自己、自分らしさ、などとなるが、どれも英語のidentityをぴったりと説明はできていない。あえて言うならば、他と比べて自己の特徴を認識しそれを大切にすること、ではないだろうか。

あなたは、自分はcultural identityを持っている、と反論するかもしれない。では、あなたは日本の名勝、史跡、文化財などを見るときの気持ちと、外国のそれらを見るときの気持ちに何か違いを感じるであろうか?もちろん、美しいことに感動し、歴史の重みを実感するであろう。ここで問題にしているのは、その先にある感覚の部分である。日本の文化財などを見るときにも、外国のそれらを見るときと同じような「日常との隔絶」を感じ、「何か違うもの」「珍しいもの」と感じていないだろうか? 日本の文化財を見るとき、自分の拠り所、あるいは自分というものを確立している土台だという感情を持つなら、あなたには日本人というcultural identityがあると言える。そうでなければあなたは無国籍あるいは無文化人だと思ったほうがいい。

では、cultural identityが無いと何が問題なのかということを説明しよう。「外国の文化を理解する」でも触れているが、我々は日本人としてヨーロッパ文化の最高レベルのものを扱っている。つまり、いくら頑張ってみても、いくらわかったつもりでも、所詮は異文化の音楽を演奏しているのである。だから異文化を理解する心構えと技術、勉強が必要なのである。そこで最も問題となるのが、自分の属する文化の理解度であり、cultural identityの有無なのである。Cultural identityがなければ、異文化の核心を見極めることは不可能である。古い神社や寺を見て感動し、自分の先祖や歴史上の人物がどういう思いで日本を生き抜いてきたのか、そういうことに思いを馳せる。普通に歩いていたら見過ごしてしまいそうな石碑に刻まれた歴史上の人物が没した場所などに気づき、そこから自分の時代に至る歴史の流れに感動できるか。そういった自分の文化を持たずして、なぜ異文化を理解できようか。

かく言う私も、cultural identityを自覚するようになったのは、社会に出て多くの外国人と仕事をし、外国での生活を重ねた結果である。それ以前の学生時代には、自分もその時々のトレンドに流され、翻弄されていた一人で、日本人の自覚なんてさらさら持っていなかったし、史跡や神社仏閣なんかには全くといって興味を持っていなかった。Cultural identityを自覚するようになると、ヨーロッパ音楽に対する見かた、考え方、感じ方が全く変わってくる。今までまったく理解できなかったフレーズの歌い方やリズム感、バランスのとり方、などなど、ありとあらゆる点において、「目から鱗」のようにいろいろなものが見えてくるようになる。演歌や民謡を、「クラシックをやっている自分には関係ないもの」ととらえいたらクラシックは見えてこない。演歌も民謡も盆踊りも、自分の血潮をつくるものとして感動できてこそ、異文化としてのクラシック音楽が見えてくる。

日本では、「日本人とはかくかくしかじか」という教育が全くされていない。日本人らしさや日本の文化の良さなどは全く教えられない。先進諸外国と比べると、これは非常に変わっている。ゆえに、日本人で外国文化を扱う我々は、自ら進んで自分の文化に触れ、理解し、自分のものであると自覚し、それに感動できるようになる必要がある。

2 件のコメント: