2011/08/26

100%の自信を持つ

楽器の奏法に関することに言及するときは、100%の自信を持って言わなければなりません。弦楽器を弾いたことのない指揮者が「弦のことはよくわかりませんが、もっと早い弓で弾いてください」などというのをよく聞きます。管楽器のわからない指揮者が管のブレスのことをとやかく言うのも聞きます。これらの場合、「よくわからないのだが」という前置きをしてしまっては、そこを練習中に指摘し、時間をとって練習する意味が全く失われます。誰も指揮者の言うことを真剣にやってやろうとは思ってはいません。自信のないことは、言わないこと。言う必要があるときは、コンサートマスターや信頼できる管楽器奏者の言葉を借りましょう。つまり、どういうイメージの音が欲しい、だからどうやったらいいのか、弓使いやブレスの仕方をどうしたらいいのか、その人たちに決めてもらいましょう。自分でそこまで言及したいのなら、自分の専門でない楽器を練習する不断の努力が必要です。

0 件のコメント:

コメントを投稿