2011/09/17

指揮者の条件

どうしたら指揮者になれるのか、という類の質問をよく受けます。これを話すといつも長くなるので、「指揮者に必要な資質」として私なりにまとめてみました。これはあくまでも私個人の経験といろいろな指揮者やオーケストラ奏者の意見を聞いて得た経験からのもので、他にも違った考えはあると思いますが、そう間違ってはいないと思います。

圧倒的な音楽性
指揮者が目指す音楽が魅力的でなければならない。オーケストラ一人一人がその魅力に取り憑かれて演奏することが望ましい。しかもそれが圧倒的でなければならない。オーケストラ奏者がどれだけ経験豊富なプロの演奏家であっても、指揮者は音楽を訴えかけ、皆を魅了することが必須である。魅力的な音楽は、後述するアナリーゼ能力などとは別に、指揮者自身の人生経験、社会経験、人間性、音楽以外の歴史や文化、特に多文化の理解によるところが大きい。また語学力は必須である。欧米の文献や人と交わらずにどうして欧米の遺産であるクラシック音楽を演奏できようか。

リーダーシップ
30人から100人の人間をまとめるに値するリーダーシップが必要。しかもアマチュア楽団の場合は、参加者それぞれの目的意識や価値観がバラバラであることも珍しくない。その人たちをまとめ、一つの方向へ導いていく力が必要。指揮者の特殊性は、自分自身の技術と音楽的能力でもってリードしていく部分。目指していること、命令が正しくても、それを伝える技術と音楽性を指揮者自身が持っていなければリーダーシップを発揮することはできない。「リーダーシップ」そのものについては、多々ある書籍等を参照されたし。

アナリーゼ能力
アナリーゼとは即ち楽曲の分析である。正しく分析し理解しているかどうかは、くみ上げていく音楽が正しいかどうかに直接関係する(アマチュアの間では間違った音楽はそこいらに氾濫している)し、最終的にできあがる音楽の魅力、芸術性、説得力に影響する。正しくアナリーゼできるかどうかは、基礎知識による。つまり、和声法、楽式論、対位法、オーケストレーション、さらに作曲家の人生や価値観、他の作品に対する理解、その作曲家の先輩、先生との関わりなど歴史の理解。各時代、各土地の民族音楽、民族文化の理解なども非常に重要である。

聴力
自分の頭の中で鳴っている理想の音と、実際に鳴っている音を常に比べ、その違いを是正する能力のことを言う。オーケストラの間違ったテンポ感に引きずられず是正できるか、歌い方が違っていればすぐに指摘できるかなどの能力である。

バトンテクニック
流派はなんであれ基礎をマスターしていることは言うまでもないが、弦楽器、管楽器、打楽器、時にはコーラスに対する指揮法を身につけていなければならない。特にソリストを伴う楽曲(協奏曲など)は、ソロの速い細かい音符をすべて聞き分けたり、ソリストのテンポの揺れを汲み取ってそれにオーケストラを合わさせるなど、幅広いバトンテクニックが試される。

語彙力、説得力
指揮者は指揮棒で音楽を示すのが第一であるのは間違いないが、それでも通じないときは多い。その場合、言葉でどこまでイメージを膨らませられるかが重要となる。

速読譜力
指揮者は楽曲の練習に取りかかる前に暗譜していることが望ましいが、練習中に止めてオーケストラに指摘する場合等、素早くその部分のスコアを読む能力が求められる。

暗譜能力
指揮とはオーケストラ奏者一人一人とのコミュニケーションを通して、奏者一人一人の持っている多様の音楽を一体化させていく作業である。そのため、奏者とのアイコンタクトは指揮の動作の中でももっとも重要な要素である。場合によってはバトンテクニック以上に重要になる。暗譜するということは、直接アイコンタクトの時間を増やすことにつながることは言うまでもない。

0 件のコメント:

コメントを投稿