2011/08/26

交響曲は一括で全楽章練習するつもりで

練習期間後半(演奏会前2ヶ月くらい)になったら、できるだけ交響曲は一括で全楽章練習するつもりで練習に臨みましょう。ただ、一つの楽章で細かく取り組む部分に時間がかかってしまったら、全部できないかもしれません。しかし、はじめから今週は2楽章と3楽章、来週は1楽章と4楽章、と決めてしまうよりずいぶんましです。そして、2時間くらいは休憩を入れずに一気に練習をつづけましょう。ただし集中力を持続させるためには、その中の組み立ては慎重にしなければなりません。つまり、体力的にきつい部分をはじめにやって、音を出させる。そして後半にはppの繊細な部分で集中させる、あるいは、逆にはじめにそういった部分をやって、奏者の意識を自分に引き付けるとか。要するに、一つの楽章の練習を50分と決めてしまわずに、交響曲全体を2時間かもう少し時間をかけて、全体を通しながら練習するということが大切です。そのほうが時間的に効率的です。奏者も、一度のチャンスにかけるという意気込みで真剣に演奏してくれます。

0 件のコメント:

コメントを投稿