2011/08/26

全体から部分へ

交響曲なら、全体から、各楽章、各楽章の中での部分、部分の中でのフレーズ、テーマ、フレーズ、テーマの中での各楽器・音の役割を奏者に理解してもらえるように練習を組み立てましょう。Tutti練習に限らず、セクション練習においてでも、指揮者が指導する以上は、常にその曲の完成された姿が指揮者の頭の中になければなりません。そしてその完成像に近づけるために細かな練習をしているのだ、ということを奏者に伝えていかなければなりません。「演奏会の目的」で指摘していることと同様、一つの音楽でもその完成像がなければ、いい結果は得られません。

0 件のコメント:

コメントを投稿