2011/08/26

声のトーン


声のトーン、音量は非常に影響力が大きい。基本的には大きな声で話す。たとえコンマスと弓の打ち合わせをするときでも、それが合奏練習中ならば、全員に聞こえるように話しましょう。そうすることで「みんなで作っていこう」という雰囲気にプラスになります。こそこそと打ち合わせしていたなら、「前で勝手にやっているわ」と思われるのがおちです。ただ、時には小声で話すこともテクニックとして知っておくべきです。これは、ffの部分などを練習した直後、体力的にしんどくて集中力がなくなったとき、もう一度練習に集中させるのに有効です。

0 件のコメント:

コメントを投稿