2011/08/26

全員が上達を感じとれるように

毎回の練習で少なくとも一個所、全員が「ここは練習前よりよくなった」と感じとれるようにしなければなりません。それが次への励みになるからです。また一つのパートや個人に対してでも、「できるようになった。」「言われたとおりにやれば、違う音が出るようになった。」などと気づかせる、感動させることが大切です。毎回そういう機会をつくるのは難しいですが、たまにそういうことがあれば、普段「ダメだ」「練習しておいて下さい」ばかり言われていても、信頼されることにつながります。

0 件のコメント:

コメントを投稿