2011/08/26

全員に対して公平であれ

指揮者は奏者全員に対して公平でなければなりません。上手な奏者に対してはそれなりに高度な要求を、そして初心者に対してはそれなりの要求をしなければなりません。レベルの低い奏者のレベルを引き上げ、全体の質を高めようというのは、オーケストラの士気の高揚、チームとしての一体感を作るうえで、マイナスに働くことはあってもプラスに働くことはおそらくありません。奏者一人一人の向上心を信じてあげることがリーダーとしての基本です。

0 件のコメント:

コメントを投稿