2011/08/26

常に要求し続ける

常により高度な要求を。奏者がさらえている部分だけを練習していたのでは、それは練習のペースを奏者に握られてしまっていることになります。つねに奏者をリードするため、さらえていない部分もどんどん弾かせるようにしましょう。そして、弾けている部分は、具体的にどう弾いてほしいのか、また、音楽的に表情をつけられている部分は、さらに細かい要求や、高次元の精神面の要求をするとか、また、指揮に頼らずにできるだけ奏者自身でアンサンブルしてもらうような技術面での要求など、常により高度な要求をしつづけましょう。要求すべきことが見つからなくなったら、それ以上指揮台に立つべきではありません。

0 件のコメント:

コメントを投稿