2011/08/26

指揮棒でコツコツ


指揮棒で譜面台をコツコツ叩くのは、多用してはいけません。指揮を見ない習慣がついてしまいます。どうしても必要なときは仕方ありませんが。。。叩くことが効果を発する場面はいくつかあります。一つは裏拍を感じさせるため。付点のリズムがあまいなときなどは、奏者が裏拍を感じなければならないと気づかせるために、裏拍を棒で明確に示すとか、足をならすとか、声を出すとかしましょう。休符を感じさせるときにも有効です。ワルツで2拍目を感じさせる訓練のためにも使えますが、指揮としてはかなり高度なテクニックです。もちろん、指揮者自身がきちんとリズムがとれていて、棒が正確に振れていることが前提です。

0 件のコメント:

コメントを投稿