2011/09/16

アンサンブルのすすめ


指揮者を含めオーケストラ奏者には、ぜひとも常日頃からアンサンブルに親しんでほしいと思います。二重奏から五重奏くらいまでのアンサンブルで息を合わせて気持ちの良い演奏ができないのなら、その奏者はオーケストラの中でいい演奏はできません。したがってオーケストラとして生き生きとした演奏はできません。なぜなのか説明しましょう。



二重奏ならば、お互いの息を直接確認しあってタイミング・テンポを合わせることができます。お互いに気心が知れている上手な人同士だと、息だけでなくお互いの感情を読み取って、あるいは伝え合って合わせることもできます。これはタイミング・テンポだけでなく、強弱やニュアンスも含めて可能です。もちろんこれらは練習を通して可能になるのですが。一方、オーケストラとなると曲の部分部分によって隣と合わせたり、指揮者に合わせたり、コンサートマスター、あるいは物理的に遠い距離の他の楽器と合わせる必要があったり、楽器の違いによる癖を理解してお互いに合わせなければならなかったり、と非常に複雑になります。指揮者の側からみても全くこれと同じことがいえます。

アンサンブルの出来ない弦楽器奏者がオーケストラの中だけで弾いていると、まず問題なのは「なんとなく」周りにあわせて弾くという悪い癖がつくことです。つまり、どの拍を指揮者に合わせるべきなのか、どの拍を自分のパートトップに合わせるべきなのか理解しないまま弾いていることはないでしょうか?「聞こえてくる皆の音に自分が合わせる」と思っている人は、常に遅れながら弾いていることになります。基本として「全ての奏者一人一人がお互いを確認しあいながら積極的にタイミングをとっていく」という姿勢が必要です。そして指揮棒を基準に確認するところ、パートトップを基準として確認するところ等が曲の部分によってでてくるのです。あくまでも個人個人が積極的にリズム、タイミングをとりながら、目で見て確認するだけです。また、常に音程の合っていない環境で弾いていると耳が鈍感になります。そして、できないところは自分自身知らないうちに誤魔化してしまうということにもつながります。

管楽器奏者及び指揮者の場合、オーケストラが目指している音楽的レベルと同等以上のアンサンブルができなければ致命的で、オーケストラ全体及びその人自身にとって不幸なことです。例えば木管五重奏が満足にできなければ、お互いの息使いを視覚的に確認できないオーケストラの椅子の配置でトップ同士お互いに合わせることは不可能です。また、自分の音や金管楽器の音がでかき消されてしまって弦楽器が聞こえなくても、弓の動きに合わせ、かつ他の管楽器奏者をリードする技術も求められますし、弦楽器の旋律ラインを表現している指揮にあわせて縦のリズムを正確に打ち込むことも必要です。これらは管楽器奏者に要求されるアンサンブル技術のほんの一例です。また、管楽器は楽器によってそれぞれ吸う息の量や管の抵抗、消費する息の量が異なるということも理解する必要があります。相手の息を感じ合わせるにはまず、一人一人がソロ奏者として一人前であるべきことはいうまでもありません。自分の息も相手に読んでもらえなければならないのです。

指揮者の場合は、オーケストラが指揮を無視して演奏していて、実は指揮者はその演奏を聞いてあわせているだけであっても、自分が「指揮をできている」ような錯覚に陥ることをほとんどの学生指揮者が経験しているはずです(それに気づかずに任期を終えてしまう場合もあります)。この観点から、学生指揮者には自分の楽器で人より優れたアンサンブルができることが求められます。つまり、指揮よりわずかでも早くはじめた自分の楽器で積極的・能動的なアンサンブルができること。そしてその経験を基に積極的・能動的な(引っ張って行く)指揮をすることが上達への早道だと思います。また、弦楽器を弾く指揮者なら管楽器(少なくとも、オーボエ、フルート、ホルン)を吹いてみて吸う息の量や管の抵抗、消費する息の量などを把握する必要があります。逆に管楽器を吹く指揮者なら弦楽器の右手を練習し、いろいろな弓スピード、いろいろの弓はこびができるようになっておく必要があります。そして、どういう音にはどういった弓使いが求められるのか理解しておく必要があります。こういった知識、経験を基に「指揮者も含めたアンサンブルをするための指揮」をすることを心がけて下さい。

0 件のコメント:

コメントを投稿