2011/09/17

音程感覚を身につける


音を物理的に表現したときの4つのパラメーター、基準周波数(音程)、波形(倍音構成)、エネルギー(強弱)及びその時間変化(発音、余韻など)のうち、心地よい音楽を聴いてもらうために何が最も重要かというと、それはおそらく音程であろう。音程がとれていないソロもたいがいだが、音程が合っていない合奏ほど聞いているものにストレスを与えるものはない。つまり音程の合っていない演奏は苦痛だということ。他方、その他のパラメーター、倍音構成つまり音色や、強弱、発音・余韻などが多少ダメでも、ハーモニーさえ合っていれば、かなり聞き心地はよい。音程は訓練すればきちんと取れるようになる。あきらめないで練習することが肝心。



管楽器はバルブやキーがあるので、そのとおりの指使いにすれば、それなりの音程で演奏できてしまう。しかし意識して音程をつくっていかないと、いつまでたっても正しい音程で吹けるようにはならない。もちろん、楽器をきちんと鳴らせていてコントロールできることも大切だが、狙うべき音程が頭の中にあるかないかで大きく異なる。

パート練習や合奏で音程の合わない箇所だけ、なんとか合わそうとしても、それは無駄な努力だと私は思う。一つの音を絶対値として合わせることは意味がない。なぜなら基準となる音程は演奏中常に変化しているから。絶対値を合わそうとするのではなく、音と音との間隔、つまり音程間隔を合わせることに集中しなければならない。音程間隔を合わせるようになることで、音程感覚が身につくのだ。どうやって音程感覚を身につけ、どうやったら正しい音程で演奏できるようになるのか、ステップ順に整理すると次のようになる。


  1. 一人ひとりが自分の楽譜の正しい音程を狙い撃ちできるようになること。この練習は一人でもできるが、できれば音感のしっかりした人に聞いてもらってマンーツーマンで指導してもらうほうがいい。この練習では音程間隔を意識し覚えるようにする。長2度(全音)と短2度(半音)の違い、ちゃんと意識していないと意外とできないものです。完全5度、長3度、短3度、6度、7度など、メロディーのなかできちっと意識して歌えるようになること。ちゃんと歌えるようになれば、音楽が見違えるほど楽しくなるはずだ。
    1. まずはピアノで弾きながら歌う。
    2. それで正しい音程が歌えるようになったら、ピアノなしで歌う。そして1小節ごとにピアノの音とあわせて確認する。
    3. それができれば、全くピアノなしで歌い、8小節とかだいぶ間をあけてピアノで自分の音程があっていることを確認する。
  2. それから楽器をもって同じように音程間隔を意識して吹いてみる。かなりできるようになっているはずです。
これを毎日練習することによって、早い人で3日、遅い人でも半年もたてば、きちっとした音程で歌い、楽器が演奏できるようになる。そして次に二人でハーモニーを合わせる練習となる。
  1. 一人ひとりが正しい音階がわかって吹けるようになったら、違う音を吹いている人同士でハーモニーを作る練習をする。一つ一つの音がきれいにハモるように。そしてあやしくなってきたら、ピアノやチューナーで確認すること。そこでずれていたら、もう一度最初からやり直す。ずれている音だけを合わせても無意味である。すべての音程を意識してお互いの音を聞いてハーモニーがピタッと合えば、メロディーも伴奏もものすごく気持のいいものになる。きっと感動するはずです。
  2. ここまでできたら、パートやセクションであわせる。これは、ユニゾンを合わせながらハーモニーを合わせるという非常に高度な要求である。

音程は、ピタッと合っている以外は、ものすごくはずれていようが微妙にはずれていようが、聞いている人にとっては、はずれているのに変わりはない。ピタッと合ってはじめて気持のいい響きになる。だからこのピタッと合う体験を一度でもできた人は、微妙に合っていないのでもすごく気になるもの。みんなが合っていなければ誰に合わせていいのかわからない。音程が合っているのが当たり前のオーケストラにできるか、誰も音程を合わせられないオーケストラなのか、そのどちらかしかないということ。音程の合うオーケストラになるには、一人ひとりが上記の練習をきちっと踏んで音程感覚を身につけることだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿