2011/09/16

目標を知る


楽器が上手になるためには、目標を持たなければいけない。私は学生には二つの目標をもってほしいと思う。一つはCDなどで聞く一流の演奏家。二つ目は身近に聞くことのできる先輩、友達、先生など。一つ目の目標については、誰でももっていると思うのでここでは議論しない(もっていない人は論外)。では、なぜ身近な人を目標として持つべきかというと、それは実際の音の比較のためである。CDやコンサートホールの客席で聞く音は、いわゆる「聴く側の音」であって「出す側の音」ではない。「聴く側の音」を自分で出す音の目標におくことは、とんでもない間違いであり、アマチュア演奏家の多くがこの落とし穴にはまっている。では「出す側の音」とはどんなものか。



フルートを例にとると、上手な人を身近で聞くと、意外とアタック音が鋭いというかきつく聞こえるものだ。そしてffの音量のすごさに驚かされるはずだ。身近で聞くアタック音の鋭さは管楽器一般にあてはまる。音量についても、チャイコフスキーやマーラーなんかの金管楽器は楽器が壊れるかと思うほどの音量で吹いている。音色については特に管楽器、そしてヴァイオリン、ヴィオラなど、骨伝導の影響を受ける楽器は、「出す側の音」と「聴く側の音」の違いが大きいということを知っておかなければならない。上手な人のすぐ隣で聞いたのと同じような音が自分に聞こえてきたら、それは聴く側にとっては同じではないということ。だから、上手な人にすぐ隣で、また遠くで聞いてもらってアドバイスをもらうことが重要だ。

こういった観点から、楽器の出す音について、正しい目標を持ち続けることは難しいものだ。これを読んだ学生諸君には、ぜひとも上手な先輩(OBを含む)をつかまえて教えてもらうように心がけて欲しいし、OBの皆さんには、ぜひとも時間の許す限りBOXを訪れ、練習に参加し、学生諸君の目標となるいい音をできるだけ多くの時間、隣に座って聞かせてあげて欲しいと思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿