2012/05/19

楽譜とイメージと技術


音楽を演奏するということは、楽譜という単なる記号の集まり(「楽譜とは」参照)から、聞く人の心に訴えかける「言葉」というか「メッセージ」として伝えるということである。ここでは、そのプロセスにおいて、私が心がけていることを紹介しよう。アナリーゼのやり方などはたくさんの書籍があるので、そちらを参照されたし。

楽譜を読むとき、最初からピアノなどの楽器に頼らず、まず譜面から読み取った音を頭の中で鳴らすこと。これができなければ、実際に指揮をしているときに、正しい音(欲しい音)と実際に聞こえてくる音との違いを聞き分けることはできない。

また、楽譜を読みながら、曲想などを考え組み立てていくときには、手や体を動かさずに、あくまでも頭の中だけでイメージを膨らませること。そしてそのイメージが漠然としていないか、具体的にどの音をどうすべきかを分析できているか、よく考えてみること。漠然としている場合は、何度も曲全体から細部に向かって、あるいは細部から全体へとイメージし、具体的にどの音をどうすべきなのか、オーケストラに指示を出せるレベルまで、頭の中で具体化すること。

ここまでは指揮をせずに、頭の中だけで音楽を考えてきた。なぜ、これまで指揮をせずに考えてきたか。それは、指揮をしながら考えることによって、作れるイメージが指揮(手・腕)の技術の範囲に限定されていしまうからである。手を動かさずに、頭の中だけで考えることによって、自分の指揮の技術では表現できない、もっと高度な表現を含んだ音楽がイメージできるのである。

そして次の段階で、頭の中で具体化した音楽を、いかに指揮という動作で伝えていくことができるか、研究する段階となるのである。

ここで紹介した例は指揮者としてスコアからオーケストラ音楽をつくりあげるプロセスであるが、奏者にとってもまったく同じである。

0 件のコメント:

コメントを投稿